新宿区の税理士、経営革新支援機関なら 武内公認会計士事務所


税理士について

税理士の果たす役割
具合が悪くなったとき、真っ先に相談するのは主治医(かかりつけ医)です。体調がいい時であっても、「最近ちょっと太ってきたんだけど、食生活の注意点は?」
「高血圧気味で心配。日常生活で何か気を付けることは?」など、普段から気軽に聞けると安心ですよね。かかりつけ医がいる人は多いですが、体調と同じく
生活を大きく左右するお金のことについて、専門家に相談する人はなぜか限られています。

お金のうち、税金に関係する業務を専門とする国家資格が税理士です。「税金を節約したい!」と思っている方は、まずは税理士にご相談ください。
税理士は税務書類の作成に加え、税金の疑問に答える、税務相談をすることが許されています。家計に関してもそうですが、経営者の扱うお金は
額も大きく、ちょっとした知識の違いが大きな差を生みます。例えば当てはまる人の負担を軽減するべく用意されている減税措置を知らなかったばかりに、
数十万円、数百万円の損をしている場合が少なくありません。減税措置を受けるのは納税者の当然の権利なのに、これではもったいないですよね。

日本は申告納税制度なので、税金の計算は納税者に任されていて、制度をトータルで正確に把握することが減税への何よりの近道となります。
これを通常業務と並行してこなすのは大変なことです。税金の負担を大きく感じている人こそ、「かかりつけ」の顧問税理士を持ちましょう。
税理士はほかにも、確定申告書や青色申告承認書など税務書類を作成したり、申告手続き自体を代行します。これらの書類は主に業務が多忙となる
年末年始や決算期末に作成しなければならないために、事務負担を増やす原因となっていますが、処理に精通した専門家に任せることで
大幅に負担が軽減できます。 当事務所は公認会計士兼税理士が運営しているため、毎月の試算表作成も承っており、申告書類の作成がさらにスムーズ。
面倒な税務申告手続きは専門家に任せ、経営に専念しましょう。

税理士 税理士 その2 税理士 その3 税理士 相談 税理士 節税 税理士 公認会計士 経営革新支援機関 企業支援 資金繰り 資金繰り 支援


▲ページTOP
税理士 新宿区 税理士 料金 新宿区 経営革新支援機関 新宿区 資金繰り 新宿区 港区 中央区 渋谷区 青山
新宿区の税理士、経営革新支援機関なら 武内公認会計士事務所