経営革新支援機関


経営革新支援機関

経営革新支援機関とは
経営革新支援機関という言葉を聞いたことがありますか?これは経営革新等支援機関認定制度によって認定された個人や法人、支援機関などをさすことばです。
現在中小企業を取り巻く経営環境は多様化し、複雑化を続けています。そのため企業の経営者は安心して経営上の相談ができる相手を求めていますが、
それらコンサルティングを業務とする相手も多様化しているので、信頼できるかどうかの判断が難しくなってきています。

相談して得られた情報が正しいか判断するのも、容易ではありません。そこでそれら中小企業の経営を支援する専門家のうち、税務や金融、企業財務に関する専門知識、
および支援の実務経験が一定レベル以上に達しているものを見分けることができるようこの制度が設けられました。つまりこの経営革新支援機関として認定を
受けているかどうかが、専門家を見分ける一つの基準となるのです。
具体的には税理士や中小企業診断士、コンサルティング会社、金融機関などが認定を受けています。「経営を改善したい」、「事業計画を作りたい」などの
経営上の課題を抱えている経営者は、経営革新支援機関による企業支援を受けましょう。この認定を受けた専門家ならそれらの課題解決に向けて的確なアドバイスが可能です。

また、この経営革新等支援機関の経営支援を受けることは、融資の際にも有利に働きます。この機関の受けていれば、事業計画の実行と進捗の報告をすることを条件に、
信用保証協会の保証料が0.2%減額されるのです。企業が扱う事業資金は大きな金額なので、利子は少しでも安いに越したことはありません。
経営革新支援機関が作成を支援した事業計画は経営状況が明確化され、事業成果に結びつきやすくなるのです。金融機関からの信用度も上がるので
融資自体が受けやすくなり、事業資金調達も以前より容易になります。当事務所もこの経営革新支援機関の認定を受けておりますので、中小企業の経営者の方は
ぜひ一度ご相談ください。


▲ページTOP

税理士 税理士 その2 税理士 その3 税理士 相談 税理士 節税 税理士 公認会計士 経営革新支援機関 企業支援 資金繰り 資金繰り 支援
新宿区の税理士、経営革新支援機関なら 武内公認会計士事務所