企業支援


企業支援

事業承継における企業支援
中小企業の中には、「社長が一代で築き上げた会社」というものが非常に多くあります。汗と知恵を絞り、会社を守る姿勢は素晴らしいものです。
しかしその一方で、どんなに優れた経営者も永遠に会社にとどまることはできません。万一まったく何も準備していない状態で社長が倒れられたとき、
そういった会社はどうなってしまうのでしょうか。事業を継続していくためには、早い段階で事業承継に向けた準備をすることがとても重要です。
当事務所ではその事業承継における企業支援も行っております。

事業承継は大きく分けて3つの形に分けられます。親族への承継、従業員等への承継、M&A(買収合併)による承継です。中小企業では事業を受け継ぐ後継者として、
お子様など、親族を選ばれることが多くあります。親族が事業承継に前向きで経営者としての適性があり、周囲の納得も得られるのであればもちろんそれでも良いですし、
役員をはじめとした従業員のなかから選んでもよいでしょう。最近では親族へ承継する割合が減ってきており、従業員への承継を自ら望まれる経営者もいらっしゃるようです。
関連他社などから招へいした優秀な人物へ承継するということも考えられます。

適当な人物がいなければそのまま会社をつぶしてしまう場合もあれば、他社に買収される道をたどる場合もあります。株式を移転して経営権を持ち、「代表取締役」という
役職を受け継げば法律的に会社は新しい社長の経営になるかもしれません。しかしそれだけでは実質的に事業を承継したことにはなりません。経営を続けていくには
従業員や取引先など、周囲の協力が不可欠。どのような後継者を選ぶにしても教育が必要ですし、徐々に周囲の理解を得ていけるよう時間をかけましょう。
当事務所では後継者育成支援を通し、円滑な事業承継を応援いたします。準備に不安を感じたら、ぜひ一度ご相談ください。


▲ページTOP

税理士 税理士 その2 税理士 その3 税理士 相談 税理士 節税 税理士 公認会計士 経営革新支援機関 企業支援 資金繰り 資金繰り 支援
新宿区の税理士、経営革新支援機関なら 武内公認会計士事務所