資金繰り 支援


資金繰り 支援

資金繰りを支援 役立つ事業計画作成
どのような業種でも、事業を成功させるには資金が必要です。開業や事業拡大にあたって設備投資なども必要になりますが、キャッシュフロー(資金繰り)を
円滑に回していくにも余裕が必要。通常健全な事業の運営には、少なくとも3か月分の売り上げに相当する現金の確保がのぞましいとされます。
そこで事業資金の調達を検討することになりますが、一般的な調達方法はやはり融資ではないでしょうか。

事業性の資金で融資を受ける際、必要になるのが事業計画です。当事務所ではその事業計画作成を支援しています。事業資金を融資してくれる機関には
政府系金融機関である日本政策金融公庫、制度融資(信用保証協会の保証付き融資)、銀行などの一般融資であるプロパー融資、民間のビジネスローンなどがあります。
このうち民間のビジネスローンでは事業計画を必要とせず融資実行までの期間が短くなりますが、金利は非常に高額。さらに信用度が下がるので、お勧めできません。
一般的な金融機関の審査基準は、「返済できる能力があるかどうか」です。提出する財務諸表の内容が健全であると同時に、将来的に事業が安定して発展していくと
確信させることが必要なのです。

そのための事業計画には絶対に必要な要素と書き方のコツがあるので、どんなに頭の中にしっかりとしたビジョンを持った経営者でも優れた事業計画を
書けるとは限りません。また融資を受ける計画がなくても、ビジョンが明確化できる事業計画の作成はおすすめです。優れた事業計画があり、経営状態がよければ、
出資を募って増資することも検討できます。また実際資金を受け取れるまでには時間がかかりますが、助成金を受けることもでき、資金繰りの健全化に
役立てられるでしょう。公認会計士兼税理士が所長を務める当事務所では、財務諸表と連動し、実現可能性の高い事業計画の作成が可能。
日本政策金融公庫の金利や信用保証協会の保証料を引き下げられる、生きた事業計画づくりを通して資金繰りを支援します。


▲ページTOP

税理士 税理士 その2 税理士 その3 税理士 相談 税理士 節税 税理士 公認会計士 経営革新支援機関 企業支援 資金繰り 資金繰り 支援
新宿区の税理士、経営革新支援機関なら 武内公認会計士事務所