税理士 節税


税理士 節税

税理士だからできる!早めの節税対策
税金は複雑な法律で決められており、税法は頻繁に改正されています。そのため一般の人に税金のことはわかりにくく、節税のチャンスを逃してしまいがち。
場合によっては税務相談を受けた際「こうしておけばよかったのに!」ということが起こります。通常こうした事態がイメージされるのは、申告書類の書き方など、
申告前のことではないでしょうか。「それを防ぐために」と、決算が終わった後の申告前の書類をもとにご相談される場合もあります。もちろんそれでも喜んで
相談に乗らせていただきます。また、税理士の豊富な知識で申告書類を作成すれば申告漏れや控除の見落としなどが防げ、節税につながります。

しかしそれでは遅い場合もあるのです。「決算の前にこうした方法をとっていれば、もっと節税できたのに」というもったいない事例です。
税理士に前もって相談しておけば、決算以前に利益額を見積もり、それをもとにそれぞれの企業にあった節税対策がとれます。利益処分の方法や経費の使い方、
減価償却の活用など、その方法は多岐にわたります。また特に中小企業向けには特別税額控除の制度なども多数用意されているので、それらの活用もアドバイスいたします。
税金は普段意識されることが少なく、年度末になるまで考えない経営者が多いもの。しかしそれでは決算上黒字であっても現金が手元に残らず、法人税負担が
大きくのしかかるという事態も起こってきます。実際には決算直前でできることも限られるので、より早い段階で対策を始めるにこしたことはありません。

同じ公認会計士でも、税理士登録をしていない人間は税務相談を受けられないので注意が必要。公認会計士兼税理士が所長を務める当事務所なら、
毎月の試算表の提出とその内容のご説明も承っています。それらの分析をもとにしたアドバイスで早い段階から対策をとり、税理士ならではの節税効果を活用しましょう。


▲ページTOP

税理士 税理士 その2 税理士 その3 税理士 相談 税理士 節税 税理士 公認会計士 経営革新支援機関 企業支援 資金繰り 資金繰り 支援
新宿区の税理士、経営革新支援機関なら 武内公認会計士事務所